スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

アマチュア無線を

2016/3/4

私が中学高校の頃、アマチュア無線というものがはやっておりまして、私も高校2年のときに免許を取りました。
4級(電話級)は楽勝で受かると思っており、その2週後に3級(電信級)を申し込んでおいていました。
当時、全部が紙運用でしたから、受験申し込みから受験日までは2月かかったのです。そのため2つの級で申し込んでおいたのですが、まさかの4級陥落!
しかも3級にはモールスの試験もあるというのに・・・・

死ぬ気で勉強して、電車の中でモールスのテープを聴いて受験したことを覚えています。
今なら過去問やら無料モールス練習ソフトなんかありますから楽勝なんでしょうけどね。

と、まぁ、免許証はとってもこれは機械操作の免許でして、実際には無線局(局免)をとらねば個人で発信することはできないわけです。
高校生には大金をはたいて無線局免許状がさらに2月ほどかかり発行されるのです。
しかし、大学に入り、アマチュア無線よりもマージャンにのめりこむようになって、すっかり5年後の更新を忘れて今に至るわけです。

ある日、総務省のHPなどを見ると、過去のコールサイン(局の呼び名:TV局にもありますね)がそのまま使えるとあるではないですか。懐かしくなり、再度申請してみました。

20160304


はい!
今は電子申請になっていて、なんと申請してから2週間で局免が届きました。
多少安っぽくなってはいますが、早さにびっくり。局の申請数自体も減っているのでしょうけどね。

昔はHF無線機ももっていましたので(真空管ですが)いろんな周波数が使えましたが、今はハンディー1機のみですので寂しい免許証記載内容ではあります。

時間があったら再度JARLにも登録してみるかな。
20年前のQSLカードは・・・捨ててしまった記憶。

余談ですが。
パソコン通信は当時マニアの所業でしたが、今はみんなSNSやってますよね?
アマチュア無線は当時マニアの所業でしたが、今はみんな携帯いじくってますよね?
同じようなモンです。
いつの世も、マニアは時代の最先端を走っているのですよ!
スポンサーサイト
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

生存確認!

2015/02/08

正月は例年通り青森に行き、極寒カレイ釣りをする予定でした。が!
まさかのインフルエンザ発症~ しかも家族全員撃沈!!

ってなわけで、青森キャンセルで東京に居ましたとさ。。

今日は子守の日。
どこにいこうか。魚が見たいよね??ね??
というわけで、自宅からすぐの「品川水族館」に行ってきました。
本当は話題の葛西臨海水族園に行きたかったのだけど、駐車場からの距離がちょっとあるので、子供が飽きると大変で。

20150208-3
ボウズ逃れの代表魚 スズキさん
こんなに大きなの、最近ご無沙汰です。
ヒラスズキに見えるけど。どうだろう。

20150208-4
ふむふむ。こんなふうに岸壁についていて、落ちてくるエサを待っているのかね。
すでに子供は飽き始めています。

20150208-1
マイワシ。自分にはシコイワシがお似合いです。
うまそう。

20150208-5
「ネンブツダイ」!なんでこれを展示しようとしたのかは不明ですが、意外と綺麗。
これだけ群れて、じっとしていればそりゃネンブツ地獄にもなるわいな。

20150208-2
タコクラゲ
クラゲって癒される~
その生態系も神秘的。
生きている様も自由すぎる!
そして自分の子供も自由すぎる!

入場1時間半で限界に達して、そそくさと退散してきました。
子供が飽きたら粘らないのが子守の極意。
入場料をケチらない。
飽きたものは去る!

家に帰って素直にディズニー観てました。
早く暖かくなるといいですね。

にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

そうだ!釣りに行こう!

拙ブログを何名の方が読まれているのかは分かりませんが・・・
もう一回だけ釣り以外の記事を書かせてください。

一昨日、私の師匠が亡くなりました。
享年57歳。若すぎる死です。

私の仕事には職人ほどではありませんが、師弟関係のようなものはあります。
一対一の師弟関係ではなく、ただ、自分の人生・職業像に確実にノミを打ち込んだであろうと私が勝手に思っているだけの師弟関係ですから、あちら様がどこまで「弟」と思っているのかは不明です。

いつでも会えると思っているとなかなか会わず、病気が発覚してからも1回しかお会いできずに最後を迎えました。

職業柄、死は身近にあるものと思ってはいるものの、やはり他人事なのか、それとも体が忌み嫌っているのか、まじめに考える機会は多くはありません。
「なんとかなるだろう」的な観測は一般の人と大差はなく、自分の家族の病気でさえ「見えないふり」をしてしまうのかもしれません。師匠の病気も頭ではきわめて余後の悪いものであると分かってはいるものの、楽天的な発想からお見舞いにいくのを避けていたように思えます。

師匠の死は、改めて「命のはかなさ」を教えてくれたような気がします。

人間は生まれたときから死にむかって1日1日歩いているのです。
自分だって、親だって、子供だって例外じゃない。
有史以来永遠の命を得た生命体はおりません。

切羽詰って毎日を生きる必要はないかとは思いますが、後悔のないように精一杯生きようと思った週末でした。

一生懸命に仕事して、子供の世話をして、親孝行して・・・そして遊んで!

そうだ!釣りに行こう!
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

ひとり言

なんちゃって釣りブログで、またまた、釣り以外の事を書いちゃいます。
ヒマなので長文です。覚悟してください。

日本の医療についての事実啓蒙活動とでも思って聞き流してください。

先日もこんなことを言われました。初対面の方に。

「てめー、何時間待たせるんだよ! こっちは仕事抜けて来てんだよ!」

はい。月1回はあるパターンです。
機嫌がよければなぜ待つのか説明もしますが、機嫌が悪いとこうなります。

「予約外での受診です。大声出せる元気があるなら待っててください。ちなみに来院時間が9時45分ですので、1時間32分待っております。」

ちなみに、病院=待つという考えは当たっています。日本の医療制度では待たない病院は逆に不安になったほうがよいほどです。

私の予約表です。
上段が規定数、中段が実予約数 下段が予約外数です。

8時半 9時 9時半 10時 10時半 11時 11時半 12時 12時半 13時 ・・・
4   3  3   3   3    3   3    3   3    0
4   5  3   4   3    5   3    4   3    2   ・・・
0   1  2   1   3    2   この後は救急外来へ

すでに規定を上回って予約が入っています。
投薬日数の制限がある薬を飲んでいる患者さんもいるので、この日じゃないと無理と言われるとどうしようもなく予約数をオーバーするのです。
私は一人6分で計算していますので、実は5人までなら30分に診察可能(というスペック)です。
ではなんで待つのか。診療時間は計算できないからです。

#1 入るのに1分 出るのに1分
#2 話しが長い人ほど途中でさえぎると怒る
#3 そもそも話しだけでは終わらない時も 服脱いだり横になったりだけで+5分
#4 検査結果説明 検査案内で+5分
#5 予約外の患者さんこそ、問診表をチラ見して、先に診るべきか後回しか考える
#6 医師法に「応召の義務」というものがあり、混んでいても過労でも酔っていても患者を断ることは許されていない=なんぼでも予約外を受け入れるしかない

などなどです。
ちなみに、優秀な看護師がいれば、#5で先に診るべき中等症患者はそっと付箋を貼ってくれます。重症患者は救急室送りになります。そもそも予約で来ている人は体調が維持されているので、待てます。しかし予約外の人は、数日のうちに具合が悪くなっているので先に診る必要があるのです。

やりたくはないのですが、診察中に私の中の思考の半分は時間管理を行っていました。
遅れるとイヤミや罵詈雑言。心が折れます。威圧感の強い横暴な方は、後回しの上、最初から萎縮した医療になるのが人間ってもんです。

でもあるときからその考えを止めました。

治そうという気持ちがあるからこそ、「地獄待ちしてもらおうと!」。
1分で終わる人もいますが、30分かかる人もいます。
検査をはさんで6時間居る人も居ます。
でも、不思議なことに、開き直ったらクレームが減少したのです。

結局、きちんと診療すれば、最初は怒っていても笑顔で帰っていきます。
時々通用しない人もいますが。

定期受診患者はなれたもので、予約外が先に呼ばれてももう怒りません。
なぜなら、自分も最初の時にそうしてもらったからです。

なんて、奇麗事を抜かしておりますが・・・
====================================
みんながダイスキ、最先端の国アメリカの医療はどうなのでしょう。

まず、日本のように待つことはありません。普通の予約受診では。
これはあたりまえです。

医療の質も最高のものが用意されています。場合によっては、医師以外のカウンセラーやナースプラクティショナー(医師補助業務者:医師と看護師の中間職 自分で特定の医療行為ができる)の診察も受けられます。
診察室も日本とはちがって、どこかの会社のオフィスのような落ち着いた感覚です。

まず予約について。アメリカの病院予約の概念は、まさに仕事でいうところのアポ。友人と釣り場で待ち合わせをするときの約束。アレです。遅れることはないですよね?
遅れたら、「ゴメン」ですね。
アメリカでは自分から医師のOFFICEに電話をして面会予約をとります。これが診察の予約であり、個人間の約束なのです。だから当然「忙しいからムリ」とか「2月さきならねー」とかなります。でも、時間は厳守(山手線ダイヤほどではないですが)されます。今日具合が悪くてみてほしいんだけど・・・と言うと、近隣の”空いている”所を案内されるか、救急へいくようになります。
アメリカには日本のような健康保険制度はなく、いわば、CMでやっているような民間の生命保険会社と個人か会社で契約をする形の医療保険しかありません。医療保険に問い合わせをして実施可能な医療以外はできませんし、救急受診ではまず超高額医療になると思っていただいて間違いはありません。

・診察中にベルがなり、「ここからは延長料金10分5千円です」 だからみんな症状を予め書にしてくる
・風邪で受診で1万円 採血するなら1万五千 点滴するなら2万円 CT撮るなら5万円
・救急車 10万円 救急隊員に「カードはあるか?」「家は持ち家か?」「保険加入はあるか?」と聞かれる
・病院の受付でも診察前にクレジットカードの先通しを要求される
・クモ膜下出血 1月入院+手術で2000万円
・足の骨折で入院1000万円

これらはすべて真実です。
ただし、救急車内で熟練の隊員が点滴や投薬など適切な治療を施してくれたり初療もバッチリ、病院もきれいで医療も最高。待ち時間もなく、毎朝主治医が笑顔で会話してくれる。
これも真実です。

ある中国人が言っていました。

「河原で生活している人と、一国の主が同じ医療を受ける権利があると言う国は日本だけだ。」

こんなにすばらしい共産主義国家をみたことがない。
と。

命の尊さは当然平等だとは思いますが、たしかに実践しているのは日本だけです。
日本の医療がいいのか、アメリカの医療がいいのか、個人に選択権はないのが残念ですが、双方の国で唯一選択できる自由が「健康保険に加入しない(払わない)」という自由です。
ただし、日本は病人に支払う力がなく、資産がないときには「生活保護」という伝家の宝刀があります。財布を気にせず、むしろ自由に好きなときに夜でも救急でも受診フリーパスです。
アメリカではメディケイドといわれる医療扶助があるが、かなーり限定的であり、「日本での標準医療」とはかけ離れています。
=========================================
閑話休題

待ち時間を楽しく過ごせる工夫ができればいいのかもしれませんね。
それらに投資をできる余力が今の病院にはないのですよ。残念ながら。

空いている外来はたいてい卒後若い医者か××な医者です。

まぁ、がんばってますので何か暇つぶしを用意して待っててください。
すいません・・・


・薬の話
・入院期間の話
・院内暴力の話

話したいことはいっぱいありますが、このへんでおひらきということで。。。
釣り行こ。


にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

青森のスーパーにて

青森のスーパーの鮮魚売り場は面白い。
東京ではまずおめにかかれない魚介類が並んでいます。

値段も安い。

でもね
値札は全部このとおり!!! 値段じゃないよ!

魚類402円
20140220-6
(たぶん)水草カレイ 宗八かもしれない

魚類387円
20140220-5
(たぶん)カワハギ ウマヅラかもしれない

魚類390円
20140220-4
(たぶん)メバル 何メバルかは分からない

所変われば・・・ってやつですね。

にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村
プロフィール

調布:ちょうふ

Author:調布:ちょうふ
平凡で、同じことの繰り返しな日々であるなぁと、自分では思っておりましたが、周囲に言わせるとそうはみえないようです。
じゃあ、人様に日記らしいものを公開してみようかと思った次第です。
おいでくださった方々に、少しでも楽しんでもらえればと思います。

名前:調布
年齢:30代中盤
趣味:今はまっているのは、飛行機と釣り!
居住地:羽田空港が見えるトコらへん
仕事:一応真っ当に働いております

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。