アシアナ航空214便

ありきたりですが、飛行好きとして考えずにはいられないことをつぶやいてみます。

20130708


どこかの引退した機長がテレビで、「原因は機体の故障だ」と言っていたが、私見では操縦ミスだと思います。
計器着陸装置が運用停止中だったということも取り上げられているようですが、
計器着陸装置(ILS)はあくまで誘導装置であり、目視進入の上マニュアルランディングすることを妨げるものではありません。
さらに故障状態で運用していたならまだしも、運用停止をすることはよくある事です。

これは憶測にすぎませんが・・・言わせてください。
①慣れない空港の慣れない着陸方式で目視進入したパイロットが、正しい進入角(3度)に乗れずに高度を過度に修正した。
②修正が遅くなればなるほど余裕がなくなり、修正に用いる動作も粗雑になる。地上が近づくにつれ、ピッチを下げることに本能的な抵抗が生じる(地面が近づくのを恐れる、または速度を維持したい)。ピッチコントロール(機首下げ)ではなく、パワーコントロールで高度を修正したことにより、揚力が減少する。慣性が働き過大な修正となり、結果としてパスが下がる。
③正しいパスに乗る頃にはより揚力が減少し120ノット(200km/hr)を切る。対地高度が下がったが、復航を避けるためピッチ操作でかろうじて高度を維持し、滑走路末端標識までたどり着こうとする(低空・低速で舵を切ることは大変危険)。
③失速警報が鳴り、やむなく着陸復航(ゴーアラウンド)に入る。
④フルパワーに入れるが速度が反応するまで3秒はかかるので失速を回避するためには機首下げ(更に地上に近づく)する必要がある。通常はゴーアラウンドの際にはTOGAスイッチ(Takeoff/Go-around switch) を押し、離陸推力を確保した後、沈降停止を確認した上で最大上昇角で高度を確保する。
⑤また、失速警報時にはまずは機首を下げて速度を確保した後に(位置エネルギーを運動エネルギーに変換する)エンジンから得られる力を利用して速度を確保する。
⑥しかし、もともと低空進入であったため位置エネルギーを速度に変換することはできない。50フィート(15m)程度では大型機の失速は免れず、機首下げすれば墜落することは必然となる。
⑦フルパワーに入れるのと同時に本能的に操縦桿を引いて機首上げという禁断の技へ。
⑧一瞬高度は上がるが完全に失速し、機体後部から過走帯へ墜落。

接地したと思われる場所から炎上した場所まではごくわずかな距離(600mほど)です。
いわゆる尻もち程度では尾翼が粉々になることはなく、正規の進入速度である時速250kmで水平に接地したならあんな短距離では止まらないと思います。
成田空港のFEDEX80便墜落事故の映像は記憶に新しいのではないでしょうか。あの事故は進入速度は保たれていたはずですし、最後に失速してもあれだけ転がるものです。

結論(予想):空港・進入方式・機種のいずれかに未熟なパイロットが進入角の維持・パワーコントロールに失敗し、低高度で速度を失った上に失速に陥り、go aroundに失敗して尾部から墜落した。

これがセスナ172なら30フィートもあれば十分に回復できるんでしょうけどね。仮説が正しければさすがに777では50フィートでの失速は回復不可能でしょう。

名古屋空港の中華航空A300墜落事故に墜落様式は似ていると思います。

以上、勝手な分析でした。長文読破、お疲れ様です。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
航空従事者のはしくれとして、飛行機がこのような形で失われるのはつらいものです。人間は失敗をする動物であり、また学習できる動物でもあります。この事故から次の事故を防ぐ何が得られることを望みます。

結果が判明するのは半年後くらいですかね。
スポンサーサイト
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

名古屋空港へ行ってきました

2012/01/15

寒くて、釣りにいってません!

12月に2回行きましたが、とてもお見せできる内容ではないので、ご容赦のほどを・・
今年こそは、一度、カレイ釣りに行きたいのですが、冬に、ずっと一人で鈴の音を待っているのは大変つらいので、だれか誘ってください(笑

昨日、飛行機の訓練で、名古屋空港まで行ってきました。
飛行機(自家用操縦士)の技能証明取得に必要な、規定された訓練があるのですが、

学科試験の合格
40時間以上の経験(90時間乗ってます)
10時間以上の単独飛行(12時間くらいあったかな)
2回の生地着陸を含む270km単独ロングナビゲーション(竜ヶ崎・大島・大利根でクリア)
そして、まだ満たしていなかった、
夜間フライト
 夜間ナビ
 夜間離着陸訓練
を、昨日行いました。

これで、実地試験を受験する要項はすべて満たしたハズです。

今までは、私が通っているスクールは、東北にも事業所があったので、陸路で空港まで行って、夜間訓練ができたそうです。しかし、地震の影響と原発の影響で、東日本では、夜間訓練を行える空港がなくなってしまいました(ケチケチしないで、成田、百里、静岡あたりで、でやらせろ!って感じですが(半分本気))

そんなこんなで、どうしようもないので、最後までお預けになっていた、ナイト訓練ですが、名古屋(RJNA)まで行ってきました。
しかも、セスナ172で。

調布から厚木・平塚・下田・磐田・浜松・豊橋・瀬戸・小牧と、3時間弱のフラ
イトでした。
その夜にアプローチライト・飛行場灯火に照らされた空港でTGL!
これがやりたくて、スクールに入ったようなものです。

その後、名古屋から、知多半島方面まで夜間ナビをやり、夜景を楽しんだ?後、翌日
に戻ってきました。
翌日は背風が非常に強かったので、高度9500ft(3200m)で箱根越えをし、2時間弱
で調布に戻りです。

飛行ルート
20120115-5


訓練で精いっぱいで、名古屋の写真はありません。残念・・

帰りの箱根越えでの1枚です。高度9500ft、雲海の上に富士山が見えます。幻想的です。
見えているのは、飛行機の翼です。
20120115-4


富士山の手前に雲が巻いているのがわかりますか?これに近づくと、猛烈な乱気流に襲われます。
この乱気流で、英国航空機が、昔、墜落しています。きれいなものには近づかない方がいい・・と。
20120115-3

大好きな味噌カツです。名古屋に来たら、これは食べねば。
20120115-1

さびれた、名古屋空港徒歩5分のホテルです。
名古屋空港周辺はセントレアに皆、移動してしまった関係で、非常にさびれています。
この「ホテル エアーライ○」は生き残りの一つですが、ドア高180cmの昭和40年代建築です。

そこでみたものとは・・・・・
20120115-2

こんなビンテージ急須入れです。

こんなホテル、北九州でも泊まりましたが、意外とスキです。
家族で泊まろうとしたら、多分怒られますので、一人旅でしか味わえません。





にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

ボーイング787

2011/10/20
今日は岡山に出張でした。

岡山といえば、ボーイング787!

と、思うのは私だけ?

わからない方は、ググッてウィキっといてください。

岡山空港はごくありふれた地方空港でした。
岡山市街まではバスで40分ほど。
20111020-1


新幹線で東京から岡山にいくのとでは、多少の違いでしかありません。
でも、じっとしている時間が1時間ですむのがいいところ。

仕事も終わって帰るとき、岡山空港のスポットには、ヤツがいました!!

20111020-2
▲ボーイング787 JA801A

実は、羽田を出発するときに、ANAハンガー前に兄弟機のJA802Aがいたのですが、機内からなので、写真に撮れませんでした。

ただ、新し物好きではない私は、787にはしばらく乗りそうにありません。
どちらかというと、古いものの方が好きですね・・・
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

一ヶ月ぶりの飛行機日和

2011/06/04
地震からしばらく、なんとなく遊ぶ気になれなかったのと、週末の天気の悪さが重なって、飛行機の訓練も間が空いてしまいました。
雨が降ったり、視界が悪いのは当然ですが、風が強くても訓練になりません。

自宅の窓から見た天気は最高でも、空港の周辺の天気を見ると、風が強いことが多いのです。
6/4はほぼ一月ぶりの飛行機日和でした。

201100604-3


調布空港から龍ヶ崎飛行場へ飛んで行き、久しぶりのソロフライト。
1時間強を一人で訓練飛行してきました。

ん?ライセンスを持っているのかって?
飛行機の訓練は、訓練課程で、単独飛行(飛行機の中に自分しかいない状態:教官は同席しない)をする必要があるんです。これを聞くと、大抵の方はびっくりしますね。だって、自動車だって、免許取るまでは、一人で運転しませんよね?

これは、飛行機は車のように、道路もなく、信号もなく、止まって考えることもできない乗り物だからなのかも知れません。
一人でこなせるようにならなければ、免許即事故になりますからね。
でも、それは、訓練中も一緒です。単独飛行に出す決断をする教官の心労が伺えます(笑)

これは、訓練先の龍ヶ崎飛行場にストアされている、BN-2アイランダーです。
BN-2

新中央航空からは、3月で退役しました。
残るは、沖縄で第一航空が唯一飛ばしています。一度乗ってみたい航空機ですが、・・たぶん無理だなー。
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

週に一度の操縦訓練の日

2010/12/10

今日は週に一度の操縦訓練の日でした。
仕事の合間の休みで、週に半日程度の訓練です。

keshiki

教官に操縦を交替してもらい、一枚。
旅客機ではデジカメ使っちゃいけないですが、小型機は大丈夫です。
だいたいの事が大丈夫です。
でもでも、自分が操縦しながらでは、水を飲むのも無理~(熟練すれば大丈夫なのかな)

車の運転ではしてはいけないことを、飛行機の操縦では大体こなさなければなりません。
まずひとつ、携帯電話。飛行機は無線の周波数を合わせて、話しながら操縦しなければなりません。

続きはまたの機会に。。


にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村
プロフィール

調布:ちょうふ

Author:調布:ちょうふ
平凡で、同じことの繰り返しな日々であるなぁと、自分では思っておりましたが、周囲に言わせるとそうはみえないようです。
じゃあ、人様に日記らしいものを公開してみようかと思った次第です。
おいでくださった方々に、少しでも楽しんでもらえればと思います。

名前:調布
年齢:30代中盤
趣味:今はまっているのは、飛行機と釣り!
居住地:羽田空港が見えるトコらへん
仕事:一応真っ当に働いております

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR