料理の続き アジ サバ

2013/09/21

料理の続きです。

まずはアジの漬け丼。
東京湾の金アジは脂がのっておいしいですよね。

漬けにするとさらにまいうーです。

20130921-1

アジの漬け丼
アジは3枚に下ろして中骨を抜く
 ★しょうゆ 大さじ4
 ★みりん 大さじ2
 ★すりおろし生姜(チューブでも可)適量
 万能ネギ 適量
 きざみ海苔 適量
★に30分~6時間程度冷蔵庫で漬け込む
ご飯に並べてネギと海苔をお好みで。ゴマを振ってもよい。

以上で完成! 中骨はきちんと抜いてね!


次は、サバ!

ちょっとハードルが高いシメサバ!
仕事柄、腹痛の患者を診ることも多いですが、自分で釣ったサバでアニサキスというのは意外と少ない。
これは事実。
中途半端な鮮魚コーナーのサバでシメサバを作るのは絶対やめましょう。
自分で釣ったサバならまず大丈夫。

サバは釣ったらすぐにサバ折して血を抜いてください。
可能なら内蔵と頭を落として、クーラーで冷やしてください。魚が死んでからしばらく経過すると、内蔵からサバの肉にアニサキスが移動するのです。つまり、元来、サバの肉にはアニサキスはいないのです。
さらにさらにどーでもいい知識ですが、本来サバは鯨などが食べるものです。
人間に寄生してもアニサキスは生き延びられないので消化管に潜ってしまうので激痛が走るのです。
これを「迷入」といい、アレルギー反応で痛みが起きます。1回目より2回目が激痛です!

散々脅してなんですが、新鮮なサバなら、まず大丈夫です。

20130921-7


シメサバ
 塩 山盛り
 ★酢 180ml
 ★水 100ml
 ★砂糖 80g
 ★昆布 1切れ

三枚に下ろしたサバに塩を盛り、冷蔵庫で一晩寝かせる。ほんのわずかにバットに傾斜をつけると、出てきた水がサバに戻らない。
翌日流水(もしくは酢)で洗い流し水をふき取る。
★につけこみ、更に3時間以上(8時間でもまだ浅めの印象)冷蔵庫で寝かせる。
レアが好きなら3時間。普通が6時間から24時間。ウェルダン派は48時間。
レアだと翌日まで、ウェルダンだと1週は冷蔵庫で保管可能。
少しづつ取り出して食べてもOK。
締める前に中骨を取ると、身崩れするので、食べる前に取った方がよいかも。
くれぐれも、スーパーのサバでやらないように。。

酢から出して翌日まで寝かせて、酢飯とあわせて押し寿司も!

20130921-3

まいうーです。
一度お試しあれ。

さてさて、次は、サバの味噌煮です。

20130921-2

最初は2枚おろしにして作りましたが、骨が気になるので、今回はシメサバと同じように、3枚に下ろして骨抜きしてから煮ました、多少見崩れしますが、食べやすいのなんの。
次回からは毎回骨なしで行きます。

サバの味噌煮
サバ 1匹(2枚)
★酒 1/3カップ
★醤油 大さじ2杯
★砂糖 大さじ2杯
★水 1カップ
★味噌 大さじ3杯
生姜 数切れ
長ネギ 1本
■片栗粉 大さじ1/2杯
水 1/2カップ
 サバは2枚に下ろす。骨が気になるなら3枚に下ろして腹骨と中骨を抜いても良いが身崩れしやすくなる。
サバの皮目に切れ目を入れ、ざるに入れた上から熱湯をかける。
★をフライパンに入れ加熱する。沸騰したら生姜と長ネギをいれ、その後に皮を上にしてサバを並べる。沸騰したらふきこぼれないように中火で20分。
最後に■を入れ、とろみを出す。

以上、一旦おしまい!

私は料理が得意です。
家庭科はずっと成績は5でした。
料理は化学。
レシピに忠実に、いい加減にしなければ必ず同じ味になります。

家に帰るまでが遠足です。
料理するまでが釣りです。

では。

スポンサーサイト
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

9/13釣果の料理 マゴチ カワハギ 

2013/09/20

釣果の料理コーナーです。
これからは、マメに料理も乗っけていこうと思います。

20130913-13

まず、マゴチ
柵取りは簡単です。
マゴチは血抜きをしっかりしておけば、刺身が非常に美味です。
しかし、すこし淡白すぎる(フグに似ている)ので、私はカワハギの肝をつけて食したらおいしかったです。

20130920-12

マゴチの薄作り

アラは煮物がグッドです。
醤油 100ml
みりん 100ml
酒 100ml 
砂糖 大さじ2

を沸騰させ、

水300mlを加えます。

沸騰したら生姜を加え、ごぼうやネギを入れ、あとは魚を入れるだけです。

20130803-7
煮魚 すこし甘めの味付けです。(これはカサゴの煮付け)

マゴチの頭には身が少ないので、味噌汁の出しに使うとGOODです。

20130920-13

マゴチのアラの味噌汁

たくさんつれたら、ソテーもいいですね。
私は柵にしてしまったものを使いました。骨は全て抜いてあります。

両面に塩・こしょう(ウチはマジックソルトを愛用しています)をして、30分冷蔵庫でなじませます。
全面に薄力粉を振り、バターで焦げないようにソテーします。
強火で一気にやると身崩れや焦げ付きますので注意。

20130920-16

マゴチのソテー
うまー

同じ要領でカワハギもソテーにするとウマーです。

20130920-15

カワハギのソテー

続きは又の機会に~

にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

ハゼ釣り始め

2013/08/02

先日、勤務先そばの運河を偵察に行ってきました。
「ハゼはいるかなー」

7~10cmくらいのハゼがいっぱいいるではありませんか。

昨年も仕事帰りに1時間、ハゼ釣りをしていました。
今年もそんな時期です。

20130802-5

近くに住んでいる知人に連絡をすると、エサを持ってきてくれると。
エサはアオイソです。
昨年はホタテを試したのですが、エサ持ちの悪さに疲れたので、今年は原点回帰です。

17時30分から1時間釣行です。
暗くなるとアタリは遠のき、結果は・・・

20130802-6

12匹
しょぼー

最初の20分で釣れたものがほとんどです。
ハゼは誰でも釣れますが、釣ろうと思って計算どおりに釣れないところが、また面白いところでもあります。

本日の釣果
ハゼ 5~10cm 12匹

***********

話は変わって、7月28日の釣果の料理日記です。

20130721-1

こんな感じの釣果でした。

まずは、当日夜に刺身分を柵にします。

20130802-4

こんな感じでラップに包んで1日置きます。
下から、黒鯛・セイゴ・メジナ の順です。

翌日の夜、刺身と洗い、半々にしてテイスティングターイム!

20130802-1

左が洗い、右が刺身。下から、黒鯛・セイゴ・メジナ の順です。

味は・・・
メジナとセイゴは洗いがうまい。
黒鯛は刺身の方がうまい。
甘さは、黒鯛>メジナ>セイゴ
磯の香りが強いのは、メジナ>黒鯛>セイゴ
脂が乗っているのは メジナ>黒鯛>セイゴ
洗いにしてうまいのは セイゴ>メジナ>黒鯛
三種三様でした。

当然食べきれるわけないので・・・
メジナ・セイゴの刺身が半分残りました。

翌日、刺身を「アクアパッツア」なるものに変えます。

20130802-2

・・・陽一君!! うー・まー・いー・ぞぉぉぉぉっ!!

口から光線が出そうな勢いです。

いや、ホントに感動した。

ぜひ、皆さんも試してみてください。(レシピは最後に)

あまりにもおいしいので、翌日余りをパスタに乗せて、

20130802-3

残りの半身の黒鯛を塩焼きに。
塩焼き、うまい!

当然、全部は食べきれないので、黒鯛の塩焼きの半分を使って、本日は鯛めしを作りました。

まだ、メジナの半身を干物にしたものが冷凍庫に入っています。
家族がお留守なので、一人ごはんなのですが、一人ではなかなか食べきれないものですね。

アクアパッツアの作り方(調布バージョン)
2人前 15分
30cm程度のメジナかセイゴ 1匹 3枚に下ろして中骨を丁寧に取る(刺身でも可)
アサリ 15個程度 砂抜きしておく
プチトマト 10個 ヘタをとる 切らない
ズッキーニ 1本 一口大に
たまねぎ 半分 みじん切り
一味唐辛子 2振り 
白ワイン(日本酒+レモン汁でも代用可) 1/2カップ
オリーブオイル 大さじ4杯 
ニンニク1かけ つぶしておく
塩 2つまみ
こしょう 2振り
スイートバジル(必須)

1、オリーブオイルをフライパンで弱火で熱し、ニンニク・唐辛子を入れる
2、香りがついたら玉ねぎのみじん切り・ズッキーニを入れる 中火で軽くいためる
3、玉ねぎが少し透明になったらアサリ・魚を投入 切り身だったら焦げ目を両面につけるくらい焼く
4、焦げ目がついたらトマト投入 弱火にする
5、トマトがはじけたら白ワイン投入 弱火でふたをする
6、最後に塩・こしょう お好みでオリーブオイルを追加(パスタに乗せる場合は追加したほうがいいかも)
7、盛り付けてからスイートバジルを散らして、完成!

お試しあれー
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

GW釣行のお魚たち

2013/05/07

GWにお持ち帰りしたお魚たちの料理です。

まずは、メバルちゃん。
大きいのとちいさいの。

20130507-2

煮魚にしてみました。

ネギと豆腐をたっぷり入れました。
いきつけのおすし屋さんから教わった技を実践です。
煮魚は具を取った後の煮汁を濾して、冷凍して、次の煮物に継ぎ足して使うのがよいとの事。
最初の煮汁にはうまみ成分が溶け出す一方ですが、次第に、魚にうまみ成分が入るようになると。
魚を入れなくても、これで煮物を作ると絶品になるとか。。

次はセイゴちゃん。
25cmを2匹。

20130507-1

洗いです。

2日前に釣っておろしておいたものと、昨日おろしたものをあわせると、なかなかの量に。
氷でしっかりと締めると、臭みは全くなく、上品な味になります。
25cm程度のセイゴでも、結構な量になることがわかりましたので、次回もお持ち帰りしようと思います。
いままではフッコサイズが釣れたらもってかえってましたが、よく考えると身が多すぎてしばらくフッコ三昧になるんだよね。。。

命をいただきました。
ごちそうさまです。
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村

ラーメン二郎、ゲプ!

2011/09/01
先週から、妻が子供と実家に帰省しており、その間、独身生活を満喫しております。
満喫といっても、仕事が忙しいので、土日限定ですが。

自炊は嫌いじゃないのですが、せっかくの独身生活なので、小さい子供がいると入れない店ランキング上位にある、「ラーメン屋」に行くことに。

うーん。二郎!
ご存知、中毒性のある、あのラーメン屋です。
私は、いつのまにか少食になってしまったので、食べきれるか心配でしたが・・

20110901-1

これは、「普通盛(小)」トッピングなしのノーマルです。
おかしくないですか?普通で小って、なんやねん!

一見普通の大盛りラーメンに見えますが、どんぶりの中の麺の量は、普通のラーメンの2倍以上あります。

ゲップ!

でも、やっつけました!
ゲプ!
にほんブログ村 釣りブログへブログランキングに参加してみました。気が向いたら押してください。←ポチっと
にほんブログ村
プロフィール

調布:ちょうふ

Author:調布:ちょうふ
平凡で、同じことの繰り返しな日々であるなぁと、自分では思っておりましたが、周囲に言わせるとそうはみえないようです。
じゃあ、人様に日記らしいものを公開してみようかと思った次第です。
おいでくださった方々に、少しでも楽しんでもらえればと思います。

名前:調布
年齢:30代中盤
趣味:今はまっているのは、飛行機と釣り!
居住地:羽田空港が見えるトコらへん
仕事:一応真っ当に働いております

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR